HOME | CONCEPT

トスカキッチン デザインワークスは、デザインや芸術の学校は行っていません。
今ではそれが強みだと思っています。
 
正確に言うと、行かせてもらえませんでした(笑)
「絵で飯が食えるか!」と、会社を経営していた父に一蹴されたのでした。
セキュリティの仕事をしたり、産業機械を修理するエンジニアだったり。
いろいろなことをしてきましたが、一貫してやっていたのが「デザイン」でした。
特に素晴らしい功績もありません(笑)
幼稚園の時や小学校の時に写生大会で賞をとったくらいです。
でも、いつも絵を描いてたり粘土で何か作ったり。
友達そっちのけで、いつも空想にふけり何か描いてました(笑)
今もそんな感じです、たぶん。
 
さて、デザインは芸術と違って「型」があります。
芸術の定義はとても難しいですが、僕は「常に新しい」「常に新しいことに挑戦すること」が芸術だと思っています。
他の誰とも違う表現手法をいつも考え、または自己を解放しながら自由に表現するのが芸術だな、と。
反面、デザインには「型」があり、デザイナーはその「型」に自分の感覚を上書きして新たなデザインを生み出しています。
さらにデザインには「制約」があります。
制約が多ければ多いほど、デザインの品質は落ちてしまいがち。
もっと緩和したら、もっと良いデザインや仕組みが生まれるのにな~と悔しく思うこともしばしば。
でも不思議なことに、制約がまったく無くてもデザインの品質は落ちると思うんです。
結局、デザインはデザイナーだけが作るものではなくて、クライアントとの協働作業だと思っています。
協働作業だからこそ「良い塩梅」「良いころ加減」なもの、つまりベストなデザインが生まれます。
なので、よく「デザインはお任せします!」と丸投げしてくださるクライアント様も多いですが、実はその瞬間から
協働作業は始まっています(笑)
 
トスカキッチン デザインワークスにご相談・ご依頼いただいた際は、できるだけいろいろなお話をお聞かせください。意識していない意外なことが面白かったり、新鮮だったり。そういったものがデザインソースになったりもします。
一緒にデザインして、素敵な未来を創っていけたら幸いです。